FC2ブログ
FC2 Blog Ranking
コレステロール高すぎマス!
<きままなる男料理>塩豚再チャレンジ!
先日、塩豚をつかってカリカリ焼きを作ってみましたが
少々塩に漬ける時間がすくない(通常2~3日を2~3時間)
こともあり、今回は3日間冷蔵庫で寝かして再チャレンジです。

そうしてわかったのですが
塩豚というのは、塩で寝かす時間が
長いほど、焼きイロも良い色が付くということ。

オリーブ油で余分な油をきりながらいためると
写真のような
見事な焼き色にすぐに仕上がりました。
この色、つやに期待大だったんですが・・・?

myryouri1224-01.jpg


今回はただ単に揚げるだけでなく
アボカドのディップを準備してそれとあわせて食べることに。
アボカドディップは
アボカド+たまねぎ+トマト+レモンで仕上げる
お手軽料理!

myryouri1224-02.jpg

そして、ジャガイモといためて「豚じゃが」での
二種類に仕上げました。

myryouri1224-03.jpg


ということで食べた感想・・・(汗;

すごーく・・・

ほんとに、すごー・・・く


・・・塩っぱいです・・・


これほどとは・・・

実にショッぱいです。

とにかく、2~3切れが限界です。

アボカドディップで、すこしは塩ぽさも紛れるかと思いきや・・・


合いません(苦笑

アボカドディップもたまねぎの量が多すぎたようで

やけに辛い・・・

仮にたまねぎ適量だったとしても

塩豚とアボカドディップは、ベクトルが違うようで付け合せ今ひとつ。

豚じゃがは、味付けは塩豚の塩気のみ

この塩気がジャガイモにもうつって、味付けとなるのですが

それはうまくいったみたい。

でも豚の塩加減の強さにそれ以上食は進まず・・・。

ここで「???」なのですが

レシピでは600gの豚肉に大さじ2杯強で塩豚を仕込むとあったのを

あえて、塩を減らして1杯強くらいで作ったんです。

それでも、これほどの塩味・・・

どうしてか?

寝かす期間もレシピに2~3日とあって、3日寝かしたのですが

2日で充分だったのかも(?)


いずれにしても、レシピの範囲をまもっての調理だけに

よくわかりません。

これほどの見事な焼き色は、ある程度以上の塩まぶしあっての

色だと思うし・・・

あえて言うなら、自分の味覚が極端に塩分に敏感になっているのか?

他の人がおいしいと食べるものでも、しょっぱさが気になることもあるくらいですので・・・

ということで、ちょっと自信をなくしてます。

いまのところ、レシピどおり、というか

レシピにしたがって、レパートリーを広げようと思っているのですが

そう考えて作るよりも、「センス=直感」で作るほうがうまくいく。

うーん・・・わからなくなってきた。「料理」が・・・
スポンサーサイト



気ままなる男の料理!塩豚カリカリ焼き編
塩豚!それは豚のブロック肉に塩をまぶして
袋に2~3日密封して仕込む豚肉で
ほどよい塩味とその手軽さが
病み付きになるそうです。

今回、隔週休みである月曜の朝
急遽、お昼に一人気軽にビールで昼食を!
と思いついて作ってみた。

塩をまぶし置いた時間は3時間程度で
充分とはいえないですが
まー、なんとかなるだろうと作ってみた。

まずは添え野菜の
ブロッコリーを軸の部分の固い皮をカットして
塩少々まぶし、オリーブ油でいためる。

ryouri081228-2.jpg


つぎに塩まぶし+密封置きの完了した豚肉を
さっと水で洗ってから
写真のような大きさにきって
これもオリーブ油でいためる。
ryouri081228-1.jpg

このとき油がでたら
なるべく捨てるなり、ペーパータオルに
吸収して油分を抜くのが
カリっとやくポイントらしい。

で、焼き色がほどよく付いたら
先ほど焼いたブロッコリーにレモンを添えて
完成です。
ryouri081228-3.jpg


なんとも手軽!
ビールとともに、最高っす!!

食べてみて・・・

うーん、、、

なんか違う・・・

まず、カリカリ加減がイマイチ・・・
かといって、ちょっとショっぱい。

これを一人で全部食べるとさすがに体にわるそう。
すこし夕食にのこして家族に食べてもらったところ
これは美味い!と即効で平らげた。
その反応が意外・・・

作ってから、時間を置いたほうが美味しくなるのか・・・(謎)

ということで、うまくできたのかもよくわからないまま
塩につけておいて置く時間をもっと取り直すことにして
再挑戦を誓った。

<評価>
塩豚カリカリ焼き ☆×1.5 カリカリ加減が今ひとつ。

<材料(二人分)>
塩豚 300g
ブロッコリー 1/2株
オリーブ油 大さじ1/2
塩 少々
レモン 1個
オレ流!わがまま料理 [ アマトリチャーナ&アボカドマリネ編 ]
最近、料理にどっぷりハマっているので
「記録と反省」の意味も含めて
私の料理を紹介します。

先日作ったのは

アマトリチャーナとアボカドマリネで
どちらも大いにオリジナル要素が
入っています(というか、そのせいで…)

まず
アマトリチャーナは
パスタをベーコン、たまねぎとホールトマトで
調理するもので
ベーコンの脂と塩分がおいしさのポイントとなる料理だが
なぜか、ベーコンを使わずに豚バラブロック肉で
作ってみた。

アマトリチャ~ナ!


ばら肉は塩分がもともとないので塩気を足すわけだが
最近は薄味嗜好というか、塩分控えめ気味なので
遠慮気味に塩を使った。

また、以前作った別のメニュー(焼きパスタ)の反省から
ホールトマトをどっぷり多めに使った。

この結果、味があんまりなく
トマトの風味が大いに主張された料理となってしまった(笑

つぎに、アボカドマリネ。

アボカドマリネ


これは、先日作って自分的大成功だった
サーモンマリネのアボカド版。

マリネ用ドレッシングは
レモン汁+レモン粒+ケイパー+にんにく+オリーブ油の
自家製で、サーモンのときはとても美味かったので
これは、アボカドでも応用できる!と
想像して作ってみた!

しかし、こちらも味がうすい。
アボカドに予め塩を振っておいたけど
ぜんぜん足りなかったみたい。

ドレッシングもアボカドの量の割りに足りなくて
あんまりなじまず今ひとつ…

というか、最近の自分の料理の反省点として
具材の量が多すぎて、ソース系が足りないってことがある。

いただきます!の画


ということで
自己採点!(某番組風)

アマトリチャーナ ☆×1 … ベーコンを使うべきだった
アボカドマリネ ☆×1 … アボカドの塩分が足りなかった

カップめんレビュー(その2)
今回食べたのは

「日清スープの達人 焦がし香油豚骨」

men1.jpg

これは
以前にも一度食べてます。
そのとき、それなりにイケましたので
今回リポートしました。

スペックは

発売 2008年10月
内容量 110グラム(めん65グラム)
価格 190円(税別)
調理時間 4分

特徴(メーカサイトより)
「じっくり焙煎した唐辛子とネギをメインにした香味野菜と香辛料 (ガーリック、オニオン、花椒等) の香油が、マイルドな豚骨スープに豊かな香りと辛味、旨味を加えます。」

ということで早速ふたを開けてみました。

men2.jpg

かやくは、小ぶりのチャーシューが 1枚目立つ程度で
最近のカップめんのなかでは、やや寂しいといったところです。

めんは・・・

men3.jpg

なんとなく
くねくね絡み合った見た目。
固いうちから、めんの躍動が伝わってきて
これはわるくない=美味そうです。

お湯を入れて4分経ちますと・・・

men4.jpg

こんな感じに出来ました。
めんのほぐれ具合が
おいしそうで食感に期待です。

スープを入れると・・・

men5.jpg

独特の唐辛子の色合いが
目をひきます!

混ぜると、パッケージの写真と同じになりそうです。

しかし「具」的には、寂しいですね。

ということで評価です。

各5段階で、5が一番良い
<めん>
見た目   4 ・・・ 独特のうねりがいい感じ
本物度   4 ・・・ わるくない
コシ     2 ・・・ ぱらぱら、というかパサパサですぐ切れてしまいます
スープ絡み 4 ・・・ 意外とからみます
<スープ>
風味    2 ・・・ おもったほどありません
こってり度 4 ・・・ 見た目ほどではないけど、ソコソコこってりしてます。
味      3 ・・・ やみつきになるほどではなく、今ひとつです
<具>
本物度  3 ・・・ チャーシューは見た目は小ぶりですが、その分凝縮感があります
味     2 ・・・ ほとんど存在感のないチャーシュー

また食べたい度 3 ・・・ また買おうとは思いませんが、まあ満足です。

とにかく、めんがパサパサした感じでコシがなかった。
その分、するすると食べやすかったですが・・・
スープはもうちょっと強いと思ったのですが
むしろさっぱりしていました。

それでも、
値段の割にはわるくありませんでした。
カップめん食べました!(11月30日)
カップめん好きの私として
これまで食べた(今後食べる)
カップめんについて記録を残して行きたいと考えていましたので
あくまで、個人的な感想ということで載せて行きたいと思います。

まず、記念すべき第一回目個人レビューのカップめんです。

[[ 商品名 ]]
「行列のできる店のラーメンカップ 新潟」

men1-P1030722.jpg


[[ スペック ]]
→メーカー/日清食品
→発売日/2008年9月
→価格/284円(近所のコンビニ価格)
→食べられるまでの時間/5分
→カロリー/551kcal
→食塩分/7.6g(多くネ?)
→容量(麺の量)/127g(70g)

[[ この商品の売り ]]
(メーカーサイトより引用)

背脂旨トロしょうゆ
魚介系のダシが効いた濃厚醤油ベースのスープに、背脂が大量に浮いた特濃仕立て。新潟背脂ラーメンの特徴である幅と厚みのある太めんに、玉葱のトッピングがアクセントになる奥深い味わいです。

メーカーの該当商品のサイト
http://www.nissinfoods.co.jp/product/p_1800.html

でもって、食べてみました・・・。

まず、ふたシートをめくると・・・

men2-P1030725.jpg

そして、予想外に太くてクネクネした麺の形状に驚くとともに、
独特の歯ごたえを期待せずにいられませんでした。

men3-P1030726.jpg

お湯を入れて5分
ふたシートを完全にはがした状態です。
men4-P1030727.jpg

そして、かき混ぜて
「らしく」してみました。

men5-P1030729.jpg

いただきますの画!
men6-P1030730.jpg

食べ初めて驚いたことに
肉(チャーシュー)がとても分厚く、
これはジューシーに違いないと期待せずにいられません!
men7-P1030731.jpg

でもって、肝心な肉ですが、
見かけ倒しの感が否めません・・・
肝心な食感が、パサパサというか、密度が低く
味もアブラっけも殆どなし。
ちょっと残念です。

麺については
その形状からして、やはりスープがよく絡みます。
これで、スープが美味ければ肉のマイナスを
払拭できるのですが、スープの味も見かけのわりに
あっさりで今ひとつでした。
men8-P1030732.jpg


こってり系が苦手な方なら評価も違ってくるかもしれませんね。

[[ 評価 ]]

<麺>
パット見て・・・
形       [ 5 ]  (クネクネ  ←5 4 2 3 1→  まっすぐ)
太さ      [ 5 ]  (太い    ←5 4 3 2 1→  細い  )
コシ      [ 4 ]  (しっかり  ←5 4 3 2 1→  細い  )
食べてみて・・・
本物度     [ 1 ] (本物っぽい ←5 4 3 2 1→ いかにもレトルト)
スープの絡み [ 5 ] (よくからむ ←5 4 3 2 1→ からまない   )

<スープ>
パット見て・・・
透明度      [ 4 ] (透通る ←5 4 3 2 1→ 透通らず)
食べてみて・・・
こってり加減   [ 3 ] (こってり ←5 4 3 2 1→ あっさり)
風味       [ 2 ] (しっかり漂う ←5 4 3 2 1→ あまりしない)
味(個人的に) [ 2 ] (好み ←5 4 3 2 1→ 好まない)

<具>
パット見て・・・
本物度     [ 5 ] (本物っぽい ←5 4 3 2 1→ いかにもレトルト)
ボリューム    [ 3 ] (たくさん ←5 4 3 2 1→ すくない)
食べてみて・・・
本物度      [ 1 ] (本物っぽい ←5 4 3 2 1→ いかにもレトルト)
味         [ 1 ] (美味い ←5 4 3 2 1→ 不味い)

また食べたい度 [ 1 ] (食べたい ←5 4 3 2 1→ 食べたくない  )
その後のお腹   [ 5 ] (変わりなし ←5 4 2 3 1→ グーグル)

総合満足度 50点

ということで
見た目はなかなかー!という感じなのに
食べてみると、見た目よりなー・・・
となりました。

価格から考えると、もちょっと満足させてほしかったです。

おしまい


プロフィール

スパルタンK71

Author:スパルタンK71
朝と昼は基本的に食べません。

その分、週2回ほどの晩酌と休日にいっぱい食べます。

食は「量」よりも「質」!

40過ぎて「おっさん」になるとともに、そういった志向(指向?)に変わりつつあります。

そういう私ですが
コレステロールが軽く200オーバー!!
いつも、健康診断の度に指摘され、時には
食生活の指導を受けたりもしますが
まあ、家系とか体質的なものを
感じていますので、それでいいという
気持ちでいます。

別にデブというわけでなく
日々「腕立て」も欠かしていません。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる